ファミリースクール
ホーム » ファミリースクール » 戸建てリノベーションの基礎知識と施工事例!メリットデメリットや物件購入時の注意点も紹介

戸建てリノベーションの基礎知識と施工事例!メリットデメリットや物件購入時の注意点も紹介

戸建てリノベーションの図面

いま、住んでいる家をもっと魅力的にしたい。その場合、リノベーションとリフォームという2つの選択肢があります。この記事では、リノベーションとリフォームの違い、戸建てリノベーションの種類やメリット・デメリット、物件購入時のチェックポイントを解説します。また、実際の施工事例を通して、リノベーションがいかに個性的で機能的な住空間を創出するかもご紹介します。夢の住まい作りのための第一歩として、ぜひお役立てください。

戸建てのリノベーションをする前に知っておきたい基礎知識

住まいづくりの新たな潮流として注目されているリノベーション。さまざまな住宅雑誌で取り上げられていますが、リノベーションとリフォームの違いをご存じですか? リノベーションの魅力を語る前に、まずはリノベーションについての知識を深めておきましょう。

リノベーションとは?リフォームとの違い

リノベーション工事の様子

「リフォーム」と「リノベーション」は両方とも住まいを修繕する際に用いられる言葉ですが、それぞれの目指す結果は異なります。リフォームは主に老朽化した建物を元の新築時の状態に戻すことを意味します。一方、リノベーションは既存の建物に改修工事を行い、元の状態よりも高い価値を追求します。工事の目的や規模により使い分けされています。

壁紙の張替や、ユニットバスの交換、外壁の再塗装など表面的な工事がリフォーム。間取りや水道管や排水管の変更などを伴う大規模な改修をリノベーションとするとわかりやすいでしょう。

リフォームの例

・壁紙の張替
・キッチンやユニットバス、洗面所などの設備の交換
・外壁塗装の塗り替え など

リフォームの例

・壁紙の張替
・キッチンやユニットバス、洗面所などの設備の交換
・外壁塗装の塗り替え など

リフォームは短期間で、外観や設備を新しくできるメリットがありますが、設計の自由度は低くなります。リノベーションは、既存の建物や部屋をまるごと解体し、一から設計やデザインができるのが魅力です。しかし、工事規模が大きくなるため、期間が長く、費用も高くなる傾向にあります。目的や予算に合わせて改修の規模を選択することが重要です。

あわせて読みたい
リフォームとリノベーションの違いとは?メリット・デメリット、費用相場の違いも解説
リフォームとリノベーションの違いとは?メリット・デメリット、費用相場の違いも解説 「住宅を直したいがリフォームとリノベーションのどちらが相応しいか知りたい」「そもそもリフォームとリノベーションの違いがわからない」「両者の違いや費用感について知っておきたい」 住宅の修繕を考えているものの、リフォームとリ […]
あわせて読みたい
リノベーションとは? 知っておきたい基本情報を徹底解説
リノベーションとは? 知っておきたい基本情報を徹底解説 最近、「古民家をリノベーションしたカフェ」の特集などをテレビで見かけることが多いですが、「リノベーション」と「リフォーム」ってどう違うの、と思ったことはありませんか?共通点は古くなった住まいに手を加えることですが、一体ど […]

リノベーションの種類

ひとことにリノベーションといっても、工事の規模や内容により細分化されています。既存の建物をどの程度残すかや予算によって以下のように分類されています。 リノベーション専門の書籍や、施工会社の担当者との会話でもよく出てくる用語なので覚えておくと便利です。

フルリノベーション

建物を骨組みだけの状態に戻し、ゼロから再構築する手法。自由な設計が可能で、新築のような仕上がりを実現します。骨組みから再構築するので「スケルトンリノベーション」とも呼ばれています。

表層リノベーション

壁紙や設備などの表面的な部分をメインに改修するリノベーションです。コストを抑えつつ、見た目の大きな変化を実現できます。建物の構造は活かしつつ、デザインや雰囲気を変えたいときにおすすめです。

部分リノベーション

リビングやキッチンやバスルームなど、特定のエリアに焦点を当てるリノベーションです。キッチンとリビングを仕切っていた壁をなくし、広々とした空間に変更するリノベーションも人気があります。

パッケージ型・フルオーダー型

予算やニーズにより「パッケージ型」「フルオーダー型」と区別する場合もあります。 費用を抑えたい場合は、標準的な改修内容が含まれているパッケージ型を、こだわりがあり予算に余裕がある場合は完全オーダーメイドのフルオーダー型を選ぶとよいでしょう。

あわせて読みたい
フルリフォームとは?フルリノベーションとの違いやメリット・デメリットについて解説
フルリフォームとは?フルリノベーションとの違いやメリット・デメリットについて解説 フルリフォームは既存の住宅を活かし、コストを抑えながら新しい生活環境を手に入れることができる工事の手法です。 より住みやすく、より安全な住居が手に入るため、ご自宅や中古物件などをフルリフォームして住む方も増えてきました。 […]

戸建てリノベーションのメリット

リノベーションした戸建住宅

戸建て住宅のリノベーションを考える主な理由は二つ。住んでいる住居をより住みやすくするため、もうひとつはあえて古い戸建て住宅を購入し、理想の住まいにカスタマイズするためです。ここでは、中古の戸建てを購入しリノベーションするメリットについて紹介します。

建築コストの削減

・新築よりも安価な中古物件を基にリノベーションすることで、全体的な住宅コストを削減できる。
・予算に応じた柔軟な計画立案が可能。

豊富な選択肢

・人気エリアや新築よりも広い敷地の住宅を築購入できる可能性がある
・リノベーションを前提しているので条件にあう物件数が多い
・間取りやデザインを自由に変更できる

自分好みの住まい

・建て売り物件では実現困難なこだわりを反映させた住まいを造ることができる。
・間取りやデザインを自由に変更できる
・古い家の持つ独特の魅力や歴史的価値を保ちつつ、現代の快適さを追加できる。

中古住宅のリノベーションの魅力として注目されているのは、新築に比べてコストを抑えることができる点です。さらに、リノベーションであれば間取りやデザインに囚われることなく、広い選択肢から家を選べるのも魅力でしょう。また、古い家には素晴らしい柱や梁が使われていることが多く、新築の家にはなかなか味わうことのできない風情を感じることができます。古い家の良さを残しつつ、現代の快適さを追求することで、住む人の個性や価値観を反映した家を手に入れることがでのも大きな魅力のひとつとなっています。

戸建てリノベーションのデメリット

リノベーションした戸建

ここまで読んでいただいた方なら、「中古住宅をリノベーションして住む」魅力がおわかりいただけたことでしょう。
しかし、戸建てリノベーションにはリスクやデメリットもあります。「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、あらかじめリスクやデメリットについても把握しておきましょう。

追加修繕の可能性

・古い建物では構造的な問題や老朽化や白アリの被害など、予定外の修繕や改修が必要になることがある

耐震性能の低さ

・1981年以前の建築基準で建てられた戸建ては、現在の耐震基準よりも基準が甘いため、耐震補強が必要な場合がある

住宅購入後すぐに入居できない

・大がかりな工事が必要なため、購入から入居までの時間がかかる

設計と施工の専門知識が必要

・建築的な専門知識と経験が不可欠なため、専門家の協力が必要になる

法規制や制約の影響

・建築基準法や地域の条例、建物の構造上の制約により、希望通りのリノベーションが実現できない場合がある
・法規制に適合するための追加工事や変更が必要になる場合がある

戸建てのリノベーションには、計画段階で予想していなかった問題が発覚するケースがあります。予想外の修繕によるコストの増加や、工事の変更を余技なくされるリスクがあります。
これらを最小限に抑えるためには、リノベーションに適した物件選びから、設計・施工の相談ができるワンストップサービスを提供している業者に依頼するのがおすすめです。

リノベーション用の物件購入時のチェックポイント

リノベーション用の物件購入時のチェックポイントイメージ画像

戸建てリノベーションを成功させるには、物件選びがもっとも重要です。 理想的なリノベーションを実現するためのチェックポイントをまとめました。 すでに検討中の物件がある場合は、すべての項目が当てはまっているか、さっそく確認してみましょう。

チェックポイント①新耐震基準で建てられているか?

耐震基準は建物の安全性を保証します。安心して暮らすために必ず確認しましょう。

・物件は新耐震基準に適合していますか?
・耐震診断を受けたことはありますか?安全性を確認するために専門家による耐震診断を検討してみましょう。

チェックポイント②築年数やメンテナンス状況は?

長い築年数の物件は、大規模なリノベーションが必要になります。コストを抑えるためにも以下のポイントを押さえておきましょう。専門家のアドバイスも参考にしましょう。

・定期的なメンテナンスはされていましたか?
・目に見えない部分の老朽化の程度は?

チェックポイント③建物の地盤の安全確認はできている?

建物だけでなく、地盤の調査も欠かせません。中古物件の建っている地盤も確認しましょう。

・地盤は安定していますか?
・地盤沈下や土壌の問題について調査結果に問題はありませんか?

チェックポイント④再建築やリノベーションに係る法的課題は?

特定の地域では再建築が制限されている場合があります。また地域の条例についても購入前に確認が必要です。

・地域の規制や法律について確認済みですか?
・希望のリノベーションが建築基準法や地域の条例に違反していませんか?

チェックポイント⑤希望のリノベーションができる構造化か?

立地や建物の状態がよくても、構造的に希望のリノベーションができないこともあります。 希望のリノベーションができるかどうかは、専門家の判断を仰ぎましょう。

・希望するリノベーションの計画を実現可能ですか?
・専門家にリノベーションの実現性について確認済ですか?

これらのチェックポイントを確認することで、リノベーションの実現性を見極めることができます。また、物件の購入はご自身だけで判断せず、リノベーションの専門家の意見も取り入れることがリノベーションの成功の鍵であることをお忘れなく。

あわせて読みたい
古民家リノベーションの費用と実例!活用したい補助金や注意点も解説
古民家リノベーションの費用と実例!活用したい補助金や注意点も解説 「住宅購入にあたって古民家を検討している」「古民家をリノベーションして費用を抑えたい」 「古民家リノベーションの良い点、悪い点を知りたい」 古民家を購入・リノベーションを考えているが、古民家リノベーションの良し悪しや費用 […]

戸建てリノベーションの施工事例

では、戸建てのリノベーションではどんなことができるのでしょうか? ファミリーグループが行った戸建てリノベーションの施工事例と一緒にご紹介してまいります。

施工事例1 ブルックリンスタイルの広々リビング

リノベーション図面

もともとの間取りでは2階にキッチンとリビング、隣接する洋室がありました。 リビングと洋室を仕切る壁を取り払い、広々としたリビングにリノベーションした事例です。

ブルックリンスタイルにリノベーションしたリビング

木やレンガといった強い素材感を白い壁と解放感ある天井が取り持ち、リビングを広々と見せています。また、2階にあった浴室と洗面台は思い切って1階に移動。こちらも以前より広く使い勝手がよくなりました。

施工事例2 築40年の戸建てが快適な住まいへ

築40年の住まいは、床や壁の傷みや水漏れなどの老朽化が進んでいました。また、住宅密集地にあるので1階のダイニングキッチンや居間は日中でも電気が必要になるほど暗いというお悩みをリノベーションで解決した事例です。水回りも一新し、快適な住まいへ生まれ変わりました。

ビフォー

日中でもくらいキッチン。設備も40年前のもの。

リノベーション前のキッチン

アフター

日当たりの良い2階へオープンキッチンを設置 リビングが広々使える素敵な空間になりました。

リノベーション後のキッチン

ビフォー

リノベーション前の浴室

アフター

寒くて古い浴室が、使い勝手がよく清潔な印象に!

リノベーション後の浴室

施工事例3 子どもがよろぶ屋根部屋の活用

小さなお子さまが二人いらっしゃる東京都のO様宅では、屋根裏部屋のリフォームを行いました。 室内には、ボルダリングボードを設置。建物の構造上、屋根裏に大きなスペースがあったため、屋根裏部屋をとして施工しました。 お友だちにも自慢できる屋根裏部屋が完成しました。

まとめ

リノベーション契約のイメージ画像

今回は、私たちファミリーグループの施工事例も紹介しつつ戸建てのリノベーションの魅力についてご紹介しきました。リノベーションは、新築にはない独特の魅力と可能性があり、既存の家を自分好みにカスタマイズする夢を実現できます。 しかし、成功のカギはリノベーションの知識と実績が豊富な専門家との連携にあります。今回あげたチェックポイントを参考に、賢く物件を選んで、理想のリノベーションを実現しましょう。 ファミリーグループは業界でも数少ない、デザイン、設計、施工などリノベーションに必要な工程をワンストップでご提案できる企業です。 リノベーションに可能性を感じた!という方は、ぜひ私たちファミリーグループへご相談ください。