リノベーションとは? 知っておきたい基本情報を徹底解説

リビング・ダイニング

最近、「古民家をリノベーションしたカフェ」の特集などをテレビで見かけることが多いですが、「リノベーション」と「リフォーム」ってどう違うの、と思ったことはありませんか?共通点は古くなった住まいに手を加えることですが、一体どのような違いがあるのでしょうか。リノベーションとリフォームの違いやメリット・デメリットを詳しくご説明しますので、ぜひ参考にしてください。

3人家族
目次
  • 1.リフォームとリノベーションの違い
  • 2.それぞれのメリットとデメリット
  • 3.リノベ費用はどのくらい必要?
  • 4.リノベの基本スケジュール
  • 5.リノベーションならこんな間取りが可能です

1.リフォームとリノベーションの違い

リノベーションとリフォームの定義

『一般社団法人 リノベーション協議会』では、リフォームを「原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処」とし、リノベーションは「機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修」と定義していますが、実は、国で定めた明確な定義はありません。ここでは、違いを分かりやすく説明していきます。

リフォーム

「リフォーム」とは、壁紙を張り替えたり、キッチンを新しいものに換えたりして、古い内装を新築の状態に近づけていく改修です。

リノベーション

「リノベーション」はゼロから間取りなどを作り直して、新しい価値を生み出す改修です。住む人のライフスタイルに合わせた心地いい間取りやデザインにすることによって、古い建物に新しい風を吹き込み、生まれ変わらせ、住宅の価値を高めることができるのです。

ダイニング

2.それぞれのメリットとデメリット

リフォームとリノベーションの違いはわかっていただけたと思います。では、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

リノベーションvsリフォーム

「築浅の中古物件をリフォームする」場合

メリット

工事費用が比較的安い
部分的な工事なので費用はあまりかかりません。

工事期間が短い

短期間で工事が終わります。そのため、比較的早く新居に引越しできます。新居の住宅ローンを払いながら、入居前に住んでいる部屋の家賃の支払いを考えると、工事期間が短いのは大きな魅力です。

完成後の住まいをイメージしやすい
間取りが大きく変わらないので完成後の家のイメージが頭に浮かびます。

デメリット

自由な間取り変更ができない
リフォームはマイナスからゼロの状態へ戻す工事なので、採光や採風などの機能の改善はありません。

住宅の強度・劣化などの状態がわかりにくい

一部のみの改修のため、住宅内部の配管や柱の状態までは見ることができません。劣化が進んでいたとしてもチェックすることは不可能です。

リノベーション物件

「築古物件をリノベーションする」場合のメリット・デメリット

メリット

自由に設計できる

ライフスタイルやライフステージに合わせて住まいを変えるので、間取りを自由に変更することができます。さらに工事によって採光、採風などの機能を高めることもできます。

資産性が高まる

中古マンションの値段は築年数の経過とともに下がっていってしまいますが、リノベーションしてプラスαの機能をつけることで資産性を高めることができます。

☞詳しくは「中古マンション購入で後悔しないための7つのポイント」をチェック!

物件の選択肢が増える

築古なら手頃な値段かつ好立地の物件が見つけやすいため、選択肢がかなり広がります。

リノベーション物件

デメリット

工事費用が高くなりがち

柱・梁だけの状態にしてから間取りや内装を作り替える場合、かなり大がかりな工事になるため物件の購入費用と合わせると当初の予算をオーバーしてしまうことも考えられます。

工事期間が長くなる

約2~3ヶ月かかるため、入居までに一定の時間がかかります。それまでの住まいの家賃も払う必要がありますので、工事期間の長さは頭に入れておきましょう。

解体してから問題が発覚するケースがある

解体してから工事を始めるので、表面からではわからなかった問題が発覚するケースがあります。柱や配管が劣化していた場合、その補修費用が追加になったり、水回りの配置変更ができなくなったりする恐れもあるので、注意が必要です。

間取りの変更ができない物件もあるので注意

構造形式には構造壁で支える「壁式構造」と柱で支える「ラーメン構造」があります。壁式構造の場合、室内の壁を取り払うことができず、希望の間取りに変更できないことがあるので事前に確認しましょう。
☞「ラーメン構造、壁式構造とは?(ポイント7を参照)」

築26年以上の中古マンション購入は住宅ローン減税が受けられない

住宅ローン減税の適応の条件は2018年度時点では、「自ら居住すること」、「床面積が50㎡以上」、「マンションの場合は築25年以内、木造住宅(戸建て)は築20年以内」となっています。減税制度を検討する場合は頭に入れておきましょう。

<メリット・デメリット比較>

  築浅×リフォーム 築古×リノベーション
工事費用 〇 安い × 高い
資産性 △ 低い 〇 高い
自由な間取り × 部分的 〇 全体
物件選択肢 △ 少ない 〇 多い
工事期間 〇 短い × 長い

3.リノベーション費用はどのくらい必要?

リノベーション費用はいくらかかる?

リノベーションは物件購入費と工事費用の両方が必要なのでけっして安い買い物というわけではありません。資金計画をしっかり立てておきましょう。実際にリノベーションされたお客様の費用規模別参考事例をご紹介します。

詳しくは「リノベーションにかかる費用とは ?

費用規模別の参考事例

CASE1. フルスケルトンでのオーダーメイドリノベ

脱・既製品。想いとこだわりを込めた大人の住まい
間取り 3LDK→1LDK+WIC
建物種別 マンション
構造 鉄筋コンクリート造
完工時築年数 築45年
リノベーション完工年月 2017年6月

内装をすべて解体するフルスケルトンでのリノベーションです。広々とした空間にするため、天井のボードも取り外して、天井高を最大限に活かしています。生活に合わせたスムーズな動線を実現しています。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
「脱・既製品。想いとこだわりを込めた大人の住まい」

音楽と猫、ぬくもりインダストリアル
間取り 2LDK→1LDK
建物種別 マンション
構造 鉄筋コンクリート造
完工時築年数 築50年
リノベーション完工年月 2018年12月

築古のマンションをフルリノベーションし、2LDKから1LDKに変更。長方形のレイアウトのため空間が広く、部屋の3面から光が入るよう、キッチン横の寝室の入口のドアを設置しないデザインになっています。天井は無機質ですが、足場をフローリングにしてぬくもりのある空間を生み出しています。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
「音楽と猫、ぬくもりインダストリアル」

脳内のイメージをそのまま再現した38㎡ひとり暮らしリノベ
間取り 2DK→ワンルーム
建物種別 マンション
構造 鉄筋コンクリート造
完工時築年数 築47年
リノベーション完工年月 2018年12月

2DKだった38.0m²の空間をワンルームに間取り変更。水回りの横にウォークインクローゼットを配置し、シンプルな生活動線を実現しています。空間を効率よく生かし、見た目にもこだわった事例です。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
「脳内のイメージをそのまま再現した38㎡ひとり暮らしリノベ」

CASE2. 既存の設備を利用して上手にコストカット

好立地+シンプルリノベーション
間取り 2DK→1ROOM
建物種別 マンション
構造 RC造
完工時築年数 築45年
リノベーション完工年月 2015年3月

2DKの間取りから壁を取り払ってワンルームにリノベーション。水回りの設備はそのまま活用し、コストカットに繋げました。壁がないのでバルコニーの自然光が部屋の奥まで届き、クローゼットの扉にミラーを貼るという工夫をこらすことで空間の奥行が広く感じられます。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
「好立地+シンプルリノベーション」

進化する大人のインダストリアル
間取り 3LDK→2LDK
建物種別 マンション
構造 鉄筋コンクリート造
完工時築年数 築38年
リノベーション完工年月 2019年2月

きれいな部分はそのまま残し、玄関から廊下をリビング部分のみをリノベーションしています。あえて鉄の配管やダクトレールをむき出しにしたインダストリアルな空間が特徴。水回りや個室がそのまま使えたので上手くコストカットでき、理想の空間を実現しています。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
「進化する大人のインダストリアル」

水色の壁、アカシアの床、イタリア輸入のタイル。自分らしいを織りなす家
間取り 2LDK→2LDK+SIC+WIC
建物種別 マンション
構造 鉄筋コンクリート造
完工時築年数 築48年
リノベーション完工年月 2016年9月

物件購入時についていたシステムキッチンをそのまま利用し、それ以外の空間をリノベーション。既存のキッチンを利用した分、カウンター周りにはこだわり、モルタルで作り上げています。輸入したアンティークタイルを使ってコストコントロールしながら、デザイン性のある空間を作っています。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
「水色の壁、アカシアの床、イタリア輸入のタイル。自分らしいを織りなす家」

4.リノベーションの基本スケジュール

リノベーションの進め方スケジュール

リノベーションしよう!と思っても、なにから始めたらいいのか、どんなスケジュールで進めていくのかがわからないと不安ですよね。リノベーションはおおまかにいうと

「中古物件探し&購入」

「住宅ローン審査&契約」

「リノベーション設計&工事」

というプロセスを並行して進めていきます。

物件探しから施工までのワンストップサービスを利用した場合のスケジュールをもう少し詳しくご説明すると、次のようになります。

1.   ショールーム見学、無料相談
2. 物件選び、住宅ローン事前審査
3. 物件購入申し込み、物件売買契約
4. 住宅ローン本審査、ローン契約
5. リノベーションプラン打ち合わせ
6. リノベーション工事請負契約
7. 着工
8. 工事完成、引き渡し
9. 入居
10. アフターサービス

購入する物件を決め、工事を行い、引き渡すまでにかかる期間は平均3.5~4ヶ月です。物件選びの時間を含めるとだいたい6ヶ月くらいになるでしょうか。入居希望日があるなら、そこから逆算して計画的に進めていくようにしましょう。

詳しくは「リノベーションの基本スケジュール

5.リノベーションならこんな間取りが可能です

リノベーションなら自分のアイデアやデザインを生かして、ライフスタイルに合った心地よい空間にすることができます。ご紹介する物件を参考にしてみてください。

CASE1. 壁を取り払って広々としたリビングを実現

広々としたリビングのリノベーション事例
間取り 2ⅬDK→1ⅬDK
建物種別 マンション
構造 鉄筋コンクリート造
完工時築年数 築34年
リノベーション完工年月 2017年1月

壁を取り払ってLDKに刷新したことで、リビングが開放的な空間になりました。アイランド型のキッチンはワイドサイズなので夫婦で一緒に料理をすることもできます。収納にも配慮して天井まで届く大型パントリーを設置。さらに広がりのある空間を演出するため、廊下部分と玄関土間をひとつなぎにしています。ワークデスクを設置することでホームオフィスとしての機能ももたせました。

▼このおうちの詳しい間取りや写真を見る
自然体でいられる、ふたりのリラックス空間

CASE2. 寝室を底上げして収納スペースに

空間を有効活用したリノベーション事例
間取り 3LDK→2LDK+床下収納+WIC
建物種別 マンション
構造 鉄筋コンクリート造
完工時築年数 築22年
リノベーション完工年月 2015年8月

寝室そのものを底上げして、下部を収納スペースに。寝室は寝るだけだから上にスペースは必要なし、という考えを実現化した部屋は非常に理にかなっています。ウォークインクローゼットもあって、収納スペースがかなり充実しているので、家全体がすっきりしている印象です。リビング・ダイニングには明るい陽射しが入り、居心地のよい空間です。

▼このおうちの詳しい間取りや写真を見る
ふたりの、65.92㎡アイデアハウス。

CASE3. 室内全体を回遊できる間取り

アクセントカラーと小物で演出する、西海岸スタイル
間取り 3LDK→1LDK+WIC
建物種別 マンション
構造 鉄筋コンクリート造
完工時築年数 築18年
リノベーション完工年月 2016年9月

デザイン性もさることながら、動線づくりにもこだわった住まいです。ウォークインクローゼット・洗濯機置き場・洗面所・キッチン・バルコニーが一直線で繋がっているので家事のしやすさは抜群。寝室からはリビングと玄関土間に行けるようになっていて、すべての部屋が回遊できるようになっています。リビングと寝室の間は折り戸になっていて開放して使うことができるので、非常に便利です。

▼このおうちの詳しい間取りや写真を見る
アクセントカラーと小物で演出する、西海岸スタイル

CASE4. 玄関から0秒でキッチンに!

料理で迎える「ウェルカム・キッチン」
間取り 3LDK→2LDK
建物種別 マンション
構造 鉄筋コンクリート造
完工時築年数 築25年
リノベーション完工年月 2018年9月

ご夫婦が料理をしながらお客様を迎えることができるよう玄関正面にキッチンを配置しています。料理を囲んで人が集まる家にしたい、というご夫婦の理想の暮らしを具現化したお住まいです。2人で並んで作れるようなキッチンの広さと動線にもこだわっています。洗面所はふたつ設置。キッチン横はお客様用で、朝は夫婦で別の洗面所を使うこともできます。小さな書斎もあるので、一人の時間もしっかり確保。自分たちの理想の暮らしに近づくためのこだわりがつまった住まいです。

▼このおうちの詳しい間取りや写真を見る
料理で迎える「ウェルカム・キッチン」

CASE5. 遊び場ロフトと効率的な家事動線

のびのび遊べ、学べる秘密基地のある家
間取り 3LDK→2LDK+WIC
建物種別 マンション
構造 鉄筋コンクリート造
完工時築年数 築15年
リノベーション完工年月 2018年5月

ご夫婦と男の子2人のご家族の住まいは、ロフト、うんてい、黒板、トンネルと遊び場いっぱいです。ロストからは下の様子がのぞけるようになっており、まるで小屋のよう。壁一面は本棚になっていて、子どもの遊びと大人のリラックスタイムがきちんと共存しています。洗濯をする、干す、取り込む、収納するという動作がしやすいよう、家事動線にも配慮しています。畳の下の収納、納戸、ウォークインクローゼットなど、収納も十分です。

▼このおうちの詳しい間取りや写真を見る
のびのび遊べ、学べる秘密基地のある家

リノベーションで生み出す空間で心地よい暮らしを

リノベーションは「誰と、どんな風に暮らすのか」を考えて家を改めて作り直す作業です。理想の暮らしを考えて作る住まいだからこそ、心地いい空間にすることができます。リフォーム、新築、建て替えなど色々な選択肢がありますが、リノベーションもぜひ検討してください。