スケルトンリフォーム(フルリフォーム)はどんな工事?メリットとデメリットを把握しておこう

建物の骨格部分だけを残し、住宅全体を修繕するスケルトンリフォーム(フルリフォーム)。
一口にスケルトンと言っても、工事の規模はさまざま。

今回は、スケルトンリフォームとはどのような工事をするのか、メリット・デメリットについてお伝えします。持ち家や中古住宅、中古マンションのスケルトンリフォームを検討されている方はぜひ最後までご覧ください。

スケルトンリフォーム(フルリフォーム)にはどんな種類がある?

始めに、スケルトンリフォーム(フルリフォーム)の種類についてお伝えします。

スケルトンリフォームでは住宅の内外部の両方をリフォームしたり、内部あるいは外部のみをリフォームしたりもできるので、建物の状態に合わせて判断してみてください。

内外部スケルトンリフォーム

内外部スケルトンリフォームは、建物の骨格部分のみを残し、その他の部分はすべて解体して作り直す方法です。

戸建の場合は基礎や梁、柱だけを残して屋根や外壁も撤去し、マンションの場合はコンクリートの地肌が見えるところまで撤去し、間取りをつくるところから始めます。

道路幅が狭い中古住宅を購入した場合、建築基準法により新たに建物をリフォームするにはセットバック(建物を道路から後退させること)が必要なケースや再構築自体ができないこともあります。

そのような条件の家でも、内外部スケルトンリフォームであれば住宅をきれいにすることが可能です。

内部スケルトンリフォーム

内部スケルトンリフォームは、外壁があまり劣化していない場合に建物の内部のみをリフォームする方法です。

キッチンやトイレなど水廻りの移動、階段の位置を変えるなどの注文住宅さながらの自由度で間取りを変更することができます。

また、柱や基礎の耐震性を補強したり、壁の内側に断熱材を入れて断熱効果を高めたりすることも可能です。

内部スケルトンリフォームでは外壁部分はそのまま活用するため、骨組み以外をすべてリフォームする内外部スケルトンリフォームよりも費用を抑えられます。

外部スケルトンリフォーム

外部スケルトンリフォームは外壁のみをリフォームする方法で、塗装だけでは修繕できず、広範囲が劣化している場合に行われます。

ただし、外壁のみをリフォームするのは稀で、外壁と建物内部の工事を同時に行う方がほとんどです。

スケルトンリフォーム(フルリフォーム)のメリット

次に、スケルトンリフォーム(フルリフォーム)のメリットについて解説します。

建物の骨格部分だけを残してリフォームするメリットがわかるので、スケルトンリフォームをしようか迷っている方は参考にしてください。

間取りの変更ができる

スケルトンリフォームをするメリットは、建物の間取りを大きく変更できることです。

スケルトンリフォームは壁を取り壊して一から間取りを考えられるので、生活スタイルの変化に合わせて間取りを考えることができます。

子ども部屋をつくる、子どもが巣立ったため部屋数を減らすなど自由自在。書斎や納戸の追加もできるので、リフォーム前には諦めていた理想を叶えられます。

また、老後の生活を見据えて、段差をなくしたりトイレや浴室などの水廻り設備を広くしたりなど、バリアフリー化をする方も多いです。

建物の内部をまとめてリフォームするため、部分的にリフォームする場合と比べ統一感を出せるのもポイントです。

配管の入れ替えができる

スケルトンリフォームは、目に見える部分だけを施工する内装工事とは違い、配管の取り替えもできるため、水廻りの配管が劣化している場合に新しいものに取り替えられます。

築年数が経った建物は配管が老朽化していることが多く、気づかぬうちに水漏れしていることも珍しくありません。
水漏れを放置しておくと建物の基礎部分が腐食する恐れがあるため、リフォーム時にまとめて取り替えておくことをおすすめします。

耐震工事・断熱工事ができる

スケルトンリフォームは壁や天井の裏側も修繕できるので、柱や梁を補強して耐震性を高めたり、断熱材を入れて耐熱性を高めたりすることも可能です。

耐震工事をしておけば、大きな地震が起きても建物が倒壊する心配はありません。工事内容によっては補助金を受けられるので、積極的に取り入れたい工事の一つです。

また、断熱工事をすれば夏は涼しく冬は温かく過ごせることはもちろん、冷暖房の使用量が減り光熱費も抑えられます。

建て替えよりも費用を抑えられる

スケルトンリフォームをすれば、建て替えよりも費用を抑えつつ、こだわりを詰め込んだ理想の暮らしを手に入れることができます。

内外部をすべてリフォームすれば、新築さながらの仕上がりになるのも魅力の一つです。

ただし、機能性にこだわりすぎたり、建物の劣化が激しく大がかりな修繕が必要だったりすると、建て替えと同じくらい高額な費用がかかる場合もあります。

費用を見ながら、どこまでリフォームが必要なのかを考えてみてください。

スケルトンリフォーム(フルリフォーム)のデメリット

メリットが多いスケルトンリフォームですが、もちろんデメリットもあります。スケルトンリフォームを行うデメリットについても知った上で、どの範囲までリフォームするか検討してみてください。

部分リフォームと比べると費用がかかる

スケルトンリフォームのデメリットは、部分リフォームよりも費用が高額になることです。

建物の骨格部分は残しておくため、機械ではなく職人の手作業で解体する分の人件費がかかります。さらに部分リフォームよりも廃材が多くなるので、廃材処理にも費用がかかります。

表面のみをきれいにする部分リフォームとは違い、スケルトンリフォームには建物の根本的な部分を修繕できるというメリットはありますが、それなりの費用がかかることは覚えておきましょう。

仮住まいが必要になる

工事期間中は建物に入れないので、別の場所で仮住まいをすることになります。

スケルトンリフォームをするときには、マンションは2~3ヶ月、戸建ての場合は3~4ヶ月ほどの工期が必要です。

賃貸に仮住まいをする場合は、家賃はもちろん物件によっては敷金と礼金もかかります。すべてを含めると大きな額になるので、必ずリフォームの諸費用に加味しておきましょう。

マンション規約によっては対応できないことがある

マンションのスケルトンリフォームをしたいと思っても、マンションの規約で禁止されている箇所は工事ができません。

マンションには自分に所有権がある専有部分と、マンションの住民全員で共有する共用部分に分かれますが、基本的に専有部分のみしかリフォームはできません。

そしてマンションリフォームの難しいところは、管理組合ごとに規約が異なること。それぞれのマンションの規約によってリフォームの制限は異なるので、リフォーム前、または物件購入前に必ず確認しておきましょう。

まとめ

今回は、スケルトンリフォームについてお伝えしました。

ファミリー工房ではお客様の要望をお聞きし、スケルトンリフォームの魅力を最大限に引き出すプランを提案します。施工面でも自社の教育を受けた技術力の高い職人が作業するので、安全かつきれいな仕上がりになります。

「劣化が気になる我が家をフルリフォームしたい」「購入した中古住宅をリフォームをし、快適な生活を送りたい」という方は、ぜひファミリー工房にお問い合わせください。