ファミリースクール
ホーム » ファミリースクール » ファミリノベーション » 助成金 » 三世代同居または近居の住宅取得支援制度あり!墨田区の子育て支援

三世代同居または近居の住宅取得支援制度あり!墨田区の子育て支援

三世代同居または近居の住宅取得支援制度あり!墨田区の子育て支援

東京スカイツリーや相撲の聖地である国技館などが有名な墨田区。区名の由来が隅田川かと思いきや、実は漢字が異なるというところが不思議なポイントですよね。墨田区という名称は、昔から人々に親しまれてきた隅田川堤の通称「墨堤」の「墨」と、隅田川の「田」から名付けられたそうです。そんな墨田区の学校や子育て支援・補助金などの情報について詳しくお伝えしていきたいと思います。

■墨田区の基本情報

【参照情報】

・墨田区 公式ホームページ

・すみだ観光サイト ホームページ

・墨田区の水上バス情報

・産業観光プラザ すみだ まち処 ホームページ


23区の東部にある墨田区は、総面積13.75平方キロメートル。

西と東を隅田川と荒川に挟まれたデルタ地帯になっています。世帯数は154,563世帯、人口275,529人です。(令和2年4月1日現在)

古くから江戸切子や木目込人形などの伝統工芸が盛んな「ものづくりのまち」として知られており、今も多くの職人たちによって伝統の技が継承され続けています。

JR総武線、東武鉄道伊勢崎線・亀戸線、京成電鉄押上線、東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄浅草線・新宿線・大江戸線などが乗り入れています。

また、通常のバスだけでなく、隅田川を下ってお台場や葛西へ向う水上バス(東京水辺ライン)が運行しているのというのが珍しいポイントではないでしょうか。

■墨田区の子育て環境

【参照情報】

・墨田区の公園の数(P4ご参照)

・錦糸公園について

・わんぱく天国について

・すみだ水族館公式ホームページ

・江戸東京博物館公式ホームページ

・東武博物館公式ホームページ


墨田区には都立公園が3園、区立公園および児童遊園が141園、区民広場が25園あります。

広々とした敷地にカラフルな遊具やプール、テニスコート、野球場などの施設がある「錦糸公園」、大型木製遊具やロープスライダーなどが充実している「わんぱく天国」、広大な芝生や遊具のあるぼうけんd広場、じゃぶじゃぶ池が楽しい「猿江恩賜公園」など、親子で体を思いっきり使って遊べる公園がたくさんあります。

また、東京スカイツリーに隣接する「すみだ水族館」は、ペンギンやオットセイの息遣いを感じられるほどの距離で楽しめる水族館です。ほかにも、江戸の歴史や文化を堪能できる「江戸東京博物館」、鉄道やバスの歴史・文化を学ぶことができる「東武博物館」など、お子さんの知的好奇心がくすぐられる施設がたくさんあるのもうれしいポイントではないでしょうか。

■墨田区の幼稚園・保育園は?

【参照情報】

・墨田区の区立保育園および幼保連隊型認定子供園について

・私立保育園及び幼保連携型認定こども園について

・区立幼稚園について

・私立幼稚園について

墨田区内の幼稚園や保育園の数は下記の通りです。

  公立 私立
幼稚園 7園 7園
認定こども園 2園 1園
保育園 27園 57園

*公立園の数値は公設民営保育園8園を含む

*その他、認証保育所7園、定期利用保育3園、小規模保育事業所10園、家庭的保育者14名

各区で課題となっている待機児童問題ですが、墨田区も認可保育所の新設を行うなど積極的に取り組んでいます。しかしながら、この数年は増減を繰り返しており、平成31年度の待機児童数は83名です。特に1~2歳児に待機児童が多く、入園が難しいケースもあるかもしれません。

■墨田区の学校は?

【参照情報】

・墨田区の小学校について

・墨田区の中学校について

・墨田区の学校選択制度について

・墨田区の2学期制について

墨田区の教育施設の数は下記の通りです。

  公立 私立
小学校 25校 0校
中学校 11校 2校
高等学校 5校 3校

*公立中学校には、両国高等学校附属中学校を含む

●墨田区の公立小学校一覧

●墨田区の公立中学校一覧

墨田区の小・中学校は、学校選択制を導入しています。小学校は、指定通学区域に隣接する学区域の小学校から、中学校は区内すべての学校から選択することが可能です。また、公立の小中学校ともに二学期制を採用。一年間を前期と後期に分けることで、基礎学力の定着および自ら学び考える等の「生きる力」を育むためのゆとりを作り出しています。

なお、子供たちを不審者や事件から守るため、すべての区立幼稚園・小・中学校に防犯カメラ・モニターの設置、正門に電子錠をつけて登下校の時間帯以外は施錠する、すべての小学生に防犯ブザーを貸与するなどの防犯対策が行われています。

■墨田区の子育て支援制度

1. ゆりかご・すみだ面接

妊娠中に助産師または保健師等が面接を行い、妊娠や子育てに関する心配ごとなどを聞き取りし、必要な支援を行う事業です。面接を行うと、育児パッケージ(赤ちゃん1人につき「こども商品券」1万円分)が配布されます。

・出産・子育て応援事業「ゆりかご・すみだ」

2.産後ケア事業

墨田区に住所登録がある産後4ヶ月未満のお母さんと赤ちゃんで、家族から十分な支援が受けられず育児等に不安がある方が対象です。「宿泊型産後ケア」「外来型乳房ケア」、自宅に助産師がケアにきてくれる「訪問型乳房ケア」があります。

・産後のお母さんを応援!産後ケア事業

3. 子どもの医療費の助成

乳児および小・中学生(15歳に達した最初の3月31日まで)が対象。保護者の年収制限はなく、保険診療の自己負担分が全額助成されます。

・子どもの医療費の助成

4. すみだ子育て支援ネット「はぐ(Hug)」

区が認定した子育てサポーターや、病児後サポーターが自宅に訪問し、一時的にお子さんを保育してくれる事業です。保護者が体調不良や通院等で保育できないとき、お子さんが病気等の回復期で登園や登校ができないとき、保護者が冠婚葬祭や出張等で早朝や夜間に保育ができないとき、保護者の心身回復のために一時的に保育してほしいときなどに利用できます。

※利用料金は、サービスや利用時間によって異なる

・訪問型保育支援事業“すみだ子育て支援ネット「はぐ(Hug)」”

5. 私立幼稚園等の補助金制度

私立幼稚園等に通園する保護者の負担を軽減するため、下記の補助金が交付されています。

・入園料補助金:園児1人あたり入園した年度に1回のみ4万円を上限に支給

・保育料補助金:基本の補助限度額 月27,500円

※保育料補助金は、保護者の課税状況等に応じた上乗せ補助あり

※新制度園は保育料無料なため、入園料補助金のみ支給

・私立幼稚園等の補助金制度

6. 小・中学校就学援助

就学援助は区内在住の小・中学校に通っている児童・生徒に対し、学校教育でかかる費用の一部を援助する制度です。学用品費、学校給食費、医療費、クラブ活動費、体育実技用具費、メガネ購入費、運動着費など、さまざまなものが対象。なお、入学時には入学準備金も支給されます。(小学校新1年生:50,600円/中学校新1年生:57,400円)

・就学援助(入学準備金)の入学前支給

・小・中学校就学援助

7.墨田区学童クラブ

墨田区には、公立と私立の学童クラブがあります。保護者が就労等により昼間家庭にいない小学1~3年生を対象とし、授業日は授業終了後から午後6時まで、学校休業日は午前8時半から午後6時まで預けることが可能です。なお、一部の学童クラブでは夜間延長として午後7時までおよび土曜育成を実施しています。

・学童クラブ

8. 三世代同居・近居住宅取得支援制度

義務教育終了前のお子さんがいる世帯で、親世帯と同居または近居するために新たな住宅を取得する場合の費用の一部を助成してくれる制度です。新築住宅の取得時50万円、中古住宅の取得時30万円が助成されます。

9. 民間賃貸住宅転居・転入支援制度

未就学のお子さんがいる世帯で、区内の民間賃貸住宅へ転居した場合、または区外から親世帯と同居または近居するために区内の民間賃貸住宅へ転入した場合に、転居費用の一部を助成してくれる制度です。

・貸借契約時に支払った仲介手数料:上限12万円

・貸借契約時に支払った礼金:上限12万円

・引っ越し費用:上限12万円

民間賃貸住宅転居・転入支援制度

まとめ

墨田区は転居時の費用補助、親世帯との同居や近居での住宅取得で助成金が出るなど、子育て世帯に対しての支援が手厚い印象があります。
また、自然が豊かなだけでなく、文化や歴史に触れられるスポット、体を動かして遊べる場所も多いです。
新しいものと古き良きものがバランス良く混在している環境は、子育てにピッタリかもしれませんね。

監修者
吉澤 理都
株式会社ファミリーDesign

Chief

きめ細やかな視点で、お客様の生活に寄り添った提案を行います。
まずは気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いします。

【保有資格】
・一級建築士
・監理技術者
・既存住宅状況調査技術者

ファミリー工房

〒120-0001 東京都足立区大谷田 4-1-20 1F

JR線・東京メトロ千代田線「北綾瀬駅」下車 徒歩7分

営業時間

10:00~18:00 / 定休:毎週日・月

※夏期休暇、年末年始休暇、ゴールデンウィークを除く