ファミリースクール
ホーム » ファミリースクール » 雨の日の外壁塗装はNG?知っておきたいポイントと対策

雨の日の外壁塗装はNG?知っておきたいポイントと対策

雨が外壁塗装に与える影響

外壁塗装は、美観維持だけでなく、建物を守る防護壁の役割を果たします。しかし、この重要な作業が雨天時に行われた場合、様々な問題が発生する可能性があります。

1. 塗料の耐久力低下

雨が降る中で外壁塗装を行うと、雨水が塗料に混ざり込むことがあります。これにより、塗料が薄まり、塗りムラや水泡が発生する可能性があります。結果として、仕上がりの外観が損なわれるだけでなく、塗料の耐久性も大幅に低下します。本来であれば数年間持つべき塗料の効果が、わずかな期間で失われることもあります​ ​。

2. 乾燥遅延

湿度が高い状態では、塗料の乾燥が遅れがちになります。特に、湿度が80~85%を超えると、多くの塗装業者が塗装工事を実施しないと決定しています。塗装は一層ずつ乾燥させて何重にも塗り重ねる作業であり、乾燥が遅れると塗り重ねるタイミングが適切に掴めず、結果として品質が低下します​ 。

3. 工期の延長

外壁塗装中に雨が降り出した場合、塗装業者は作業を中止せざるを得ません。天候の変化に柔軟に対応するためにも、降水確率が50%を超える場合は、作業を見合わせることが一般的です。このような中断は、予定していた工期の延長を意味します。しかし、工期が延びても、追加の費用を請求する業者はほとんどいません。塗装業者も施主も、天候による作業遅延は避けられないリスクとして受け入れています​ ​。

雨の日に外壁塗装を行うことは、塗料の品質低下、乾燥遅延、工期延長といった複数のリスクを招くため、できる限り避けるべきです。次章では、外壁塗装に最適な条件について詳しく解説していきます。

外壁塗装に適した条件

外壁塗装の成功は、適切な気象条件の選定に大きく左右されます。ここでは、塗装に最適な気温、湿度、天候について説明します。

気温と湿度の条件

外壁塗装を行う上で理想的なのは、気温が5℃以上で湿度が85%以下の状態です。この条件下では、塗料の乾燥が適切に進み、塗膜の品質も確保されやすくなります。気温が低すぎると塗料が固まりにくく、高すぎると乾燥が早すぎてうまく定着しない場合があります。また、高湿度では塗料が水分を吸収し、適切に乾燥しないため、塗装後の品質に影響を及ぼします​ 。

適切な天気

外壁塗装には、雨や雪が降っていない晴天が適しています。また、強風も塗装作業には不利で、塗料が適切に塗布されなかったり、塗装面に埃やゴミが付着したりする原因となります。理想的なのは、安定した晴れの日で、これらの悪天候の影響を受けることなく作業が進められます​ 。

作業のタイミング

外壁塗装は1年を通して実施可能ですが、特に春(3月~5月)や秋(9月~11月)は、気温も湿度も安定していて、外壁塗装に適した条件が整いやすいです。これらの季節は、雨が少なく、風も穏やかで、塗料の乾燥に最適な気候条件が整っています。ただし、春は塗装業者が繁忙期に入るため、計画を立てる際は早めの予約が必要になることがあります​ 。

雨天時の外壁塗装対策

雨天時に外壁塗装を行う場合には、いくつかの重要な対策を講じることで、リスクを最小限に抑えることが可能です。以下に、効果的な対策を紹介します。

信頼できる業者の選定

外壁塗装の品質を保証するためには、信頼できる業者を選ぶことが最も重要です。業者選びの際には、過去の実績や口コミ、雨天時の対応策などを確認し、雨による工期の延長が発生した場合の追加費用の有無についても事前に質問しておきましょう​​。

時期の慎重な選択

塗装作業を行う時期は、慎重に選択する必要があります。梅雨時期や冬季は避け、気候が安定し、雨の少ない春や秋を選ぶと良いでしょう​​。また、天気予報を事前にチェックし、急な天候変化にも柔軟に対応できるよう準備しておくことが重要です。

雨天時の作業可能なタスクの確認

雨天時でも可能な作業がいくつかあります。例えば、足場の設置や高圧洗浄などは、雨が降っていても実施可能なことが多いです。作業の進行状況や天候に応じて、業者と密接にコミュニケーションを取りながら、計画を調整することが望ましいです​​。

適切な契約内容の確認

契約時には、雨天時の対応策や工期の延長に伴う追加費用の有無など、詳細な条件を文書で確認し、契約に盛り込むことが重要です。これにより、後々のトラブルを避けることができます​ ​。

あわせて読みたい
【2024年最新】東京都の塗装で使える助成金・補助金をわかりやすく解説!もらえる条件や助成金額は?
【2024年最新】東京都の塗装で使える助成金・補助金をわかりやすく解説!もらえる条件や助成金額は? 長く住んだマイホームは愛着が湧く一方、外壁の色褪せ、塗装のひび割れなどが気になるもの。事実、「家の外壁や屋根が古びてきたので塗装できれいにしたい」というご家庭は少なくありません。 また、近年は省エネ対策への関心も高まりつ […]
あわせて読みたい
雨の日の外壁塗装はNG?知っておきたいポイントと対策
雨の日の外壁塗装はNG?知っておきたいポイントと対策 目次0.1 雨が外壁塗装に与える影響0.2 外壁塗装に適した条件0.3 雨天時の外壁塗装対策1 まとめ 雨が外壁塗装に与える影響 外壁塗装は、美観維持だけでなく、建物を守る防護壁の役割を果たします。しかし、この重要な作業 […]

まとめ

外壁塗装は家の保護と美観を維持するための重要な作業です。このプロセスを成功に導くためには、適切な時期の選定、信頼できる業者との契約、そして天候に左右されないための準備が必要不可欠です。特に雨天時の外壁塗装には多くのリスクが伴いますが、今回紹介した対策を講じることで、これらのリスクを最小限に抑え、品質の高い仕上がりを期待できます。

雨の日の塗装は避けるべきですが、計画には常に柔軟性を持たせ、予期せぬ天候変化にも対応できるようにしておくことが大切です。また、塗装業者とのコミュニケーションを密に取り、契約内容を明確にすることで、後々のトラブルを避けることができます。

最後に、外壁塗装は単に塗り替えるだけではなく、家全体の健康を保つための一つの手段です。塗装を通じて家を保護し、長期間にわたってその価値を維持することができます。このため、塗装は適切な時期に、正しい方法で行うことが非常に重要です。

これらのポイントを踏まえて、計画的に外壁塗装を進めることで、家の美しさと耐久性を長持ちさせることができるでしょう。