外壁塗装の工程

こんにちは!ファミリー工房の荒川です。

今回は皆様にご質問を多く頂く、外壁塗装工事の下塗り・中塗り・上塗りの3工程がなぜ必要なのかをご説明させて頂きます。

677d511c4bcb8a20e621015ce10837de

下塗り

中・上塗りの密着性を良くするために塗装面を整える為の塗料です。

お化粧で例えると「素肌を整える」といったようなことです。ベースがきれいに整った状態であれば、その後の塗がうまくいきます。

6c0bf4ecc638504d76f73793429758b7

中塗り

基本的には上塗りと同じ塗料で塗装していきます。塗料はむらなく、均一に塗るために重ね塗りをするのが原則です。この中塗りを省いて上塗りをすると必ずムラが出来ます。中塗りを省こうとする悪徳業者がいるので注意が必要です。

97d2500ff4a07792f5bb24b3b4e3165a

上塗り

中塗りを行った際、塗料が蒸発して気泡が出来たりすることがあります。気泡はそのまま残ってしまうので上塗りでその気泡を埋める役割も持つため同じ塗料で塗装する必要がございます。

なので、3工程で塗ることは基本だと思っておくと良いと思います。

今後も皆様のこのような質問に答えていきますので

工事をする際のご参考にして頂ければと思います。

この記事を書いた人