東京都足立区 S様邸 事務所兼用住宅の外壁塗装&屋根修繕

Before After

Before
施工前の全景。ここから外壁塗装、屋根修繕を行い…
After
施主様のご要望により、色合いはツートンカラーに変更。期待以上のイメージに仕上がったとご満足いただきました。

足立区のS様邸にて、外壁塗装および屋根修繕工事をさせて頂きました。
弊社HPを見てお問い合わせを頂きました。当初は事務所兼住宅の増築をお考えでしたが、築13年が経過した建物という事もあり、まず外壁や屋根の現状チェックを行ったところ、いずれも傷みが進行しており、今回は外壁と屋根の修繕を優先させることになりました。
弊社スタッフが専門的な知識と経験に基づき、最適な工法や塗料などについて丁寧に説明申し上げ、弊社の提案にご納得のうえ、正式にご依頼をいただきました。

建物の状態・ご提案・施工内容

施工前の全景。一見、築年数の割には状態は比較的良さそうに見えますが…

細かくチェックしていくと、外壁にクラック(亀裂)が複数見受けられました。

普段屋根をじっくりと目にする機会はなかなかありませんが、屋根の表面も劣化が進み、塗膜が剥がれ砂が付着している状態です。

ところどころで屋根材そのものが欠落しており、かけらが屋根全体にわたって散乱していました。
このまま劣化が進行するとやがて雨水が侵入し、最悪の場合雨漏りの原因となります。


今回の事前調査で、屋根の状態が想像以上に良くなかった事態を受け、施主様からは先ずは雨漏りの心配が無いよう完璧に修繕したいとのご要望を頂きました。

屋根の修繕には、既存の屋根の上に新たな屋根材を張る「カバー工法」を採用しました。新しい屋根材には軽量鋼板の「スーパーガルテクト」を用い、耐久性に優れ、低コストかつ短期間での施工が可能となりました。
外壁はクラック部分を補修した後、塗料には一般的に広く用いられている「パーフェクトトップ」を用いました。ポリマーが塗膜の隙間を埋めるため光沢性が高く、親水化技術により雨垂れの汚れを防ぎます。

屋根の工法や塗料の選定においては、今回の調査結果およびご予算ご要望のヒアリングをもとに、経験豊かな弊社スタッフより最適と思われる提案をさせていただきました。職人のマナーや手際も良く、希望通りの色と想像以上の仕上がりに大変満足していただきました。

物件データ

施工内容 外壁塗装・屋根修繕(カバー工法)
所在地 東京都足立区
築年数 13年
建物の種別 木造ALC
工期 15日間

この記事を書いた人

ishidajyun