東京都港区 M管理組合所有物件の外壁タイル修繕工事

Before After

Before
After
Before
After
Before
After
Before
After
Before
After
Before
After

東京都港区 M管理組合所有物件の外壁タイル修繕工事を行いました。
外壁修繕のポータルサイトからの問合せ案件です。
他社も現調、見積もりの提出をしておりましたが、工法の丁寧な説明にご納得いただきファミリー工房に修繕をまかせていただくことになりました。

建物の状態・ご提案・施工内容

タイル

mabefore-108_ss
タイルの傷みは建物全体に及んでいました。

mabefore-31_ss
mabefore-142_ss
塗膜の剥がれが見られます。

mabefore-139_ss
タイルの表面の剥がれ

mabefore-144_ss
タイルに亀裂が入っている箇所もあります。

mabefore-145_ss
白くなっている箇所、浮きも見られます。

屋上

mabefore-83_ss
屋上は防水層が剥がれています。

mabefore-85_ss

ベランダ

IMG_6105_ss1
タイル仕様のベランダ

IMG_7835_ss1
コンクリート仕様のベランダ

配管

IMG_6475_ss
配管の金属部の腐食

IMG_8471_ss
配管の金属部の腐食

鉄部

mabefore-47_ss
サビ

IMG_6850_ss
シールングの劣化、金属部の塗膜剥離

修繕工程

タイル検査

タイル検査棒で一枚一枚検査していきます。叩いて音を聞き、正常か悪い状態か確認していきます。
この検査で約2000枚のタイル交換が必要だとわかりました。タイル製造の会社に見本を送り現状に近いものを作ってもらいます。

マーキング

浮いている部分に印を付けて、「樹脂」を注入していきます。割れているタイルは取り替えます。

マーキングした箇にドリルで穴を開けていきます。

このように無数に開けていきます。

アンカーピンを穿孔した箇所に差し込んで、所定の位置まで打込んでいきます。

樹脂を注入していきます。

樹脂注入終了後、穴を目地材で塞ぎ仕上げていきます。

タイルの部分は最後にクリア塗装をしています。夕日にキラッ!と輝いて見えます。

タイルの修繕は一枚一枚をチェックして交換する枚数を数え、と丁寧で根気のいる作業です。
最後にクリア塗装をする前も目地材が飛んでいないか、拭きながらチェックしたりと、「キラッ」ときれいに仕上げるよう細心の注意をはらいました。
住民の皆様は喜んでいただけたでしょうか?
塗装だけではなくタイルの外壁もおまかせ下さい。

物件データ

施工内容 外壁タイル修繕工事
所在地 東京都港区
築年数 1979年築
建物の種別 RC
工期 60日間
費用 960万円

この記事を書いた人

ishidajyun