東京都大田区 S様邸 戸建住宅の外壁塗装&屋根修繕

Before After

Before
施工前の全景。ここから外壁塗装、屋根修繕を行い…
After
白を基調とした明るい雰囲気の建物に生まれ変わりました!

大田区のS様邸にて、外壁塗装および屋根修繕工事をさせて頂きました。

外壁塗装のポータルサイトよりお問い合わせを頂きました。
日頃より訪問販売のリフォーム業者は訪れるものの、その説明の内容から信ぴょう性に不安を感じていたとの事でした。

ご指定の日時に現地調査にお伺いし、今回は外壁と屋根の修繕を行うことになりました。
弊社スタッフが専門的な知識と経験に基づき、最適な工法や塗料などについて丁寧に説明申し上げ、弊社の提案にご納得のうえ、正式にご依頼をいただきました。

建物の状態・ご提案・施工内容

施工前の全景。素敵な建物ですが、築15年が経過し、外壁がくすんでいるように見えます。

ところどころ、雨水による苔やカビが付着し、美観を損ねていました。また外壁に複数のクラック(亀裂)が確認できました。

外壁に塗装を行っておよそ10年以上経過すると、塗膜の経年劣化により触ったときに手に白い粉がつく「チョーキング現象」が現れます。これは外壁の代表的な劣化現象の一つで、メンテナンス時期の目安となります。

屋根材の先端がめくれ上がり、かなりの箇所で欠損していました。このまま劣化が進行するとやがて雨水が侵入し、最悪の場合雨漏りの原因となります。

クラック(ひび割れ)部分を丁寧に補修したうえで、再塗装を施します。

今回、屋根は「カバー工法」と呼ばれる重ね葺きで修繕しました。既存の屋根材の上に軽量鋼板製の屋根材を設置していきます。


今回お客様が特に気にされていたのは屋根でした。
普段は目にする機会がない部分ですので、なるべくメンテナンスは少なく、また梅雨時期でもあったため、不具合が起こらない確実な工事をご希望でした。

屋根の修繕には、既存の屋根の上に新たな屋根材を張る「カバー工法」を採用しました。
新しい屋根材には軽量鋼板の「スーパーガルテクト」を用い、耐久性に優れ、低コストかつ短期間での施工が可能となりました。

外壁はクラック部分を補修した後、塗料には人気の高い日本ペイントの「パーフェクトトップ」を用いました。
ポリマーが塗膜の隙間を埋めるため光沢性が高く、親水化技術により雨垂れの汚れを防ぎます。

屋根の工法や塗料の選定においては、今回の調査結果およびご予算ご要望のヒアリングをもとに、経験豊かな弊社スタッフより最適と思われる提案をさせていただきました。
作業開始後も実際に工事の様子を確認していただきながら、進捗状況を逐一説明申し上げることで安心してお任せ頂きました。

物件データ

施工内容 外壁塗装・屋根修繕(カバー工法)
所在地 東京都大田区
築年数 15年
建物の種別 木造
工期 90日間
費用 197万円

Bio

mukaiy