東京都板橋区 大規模修繕 マンションビル

Before After

Before
施工前の全景。見た目はごく普通のマンションでした。外壁のクラックやシーリングを補修し、再塗装した結果…
After
隅切り部は3色の色分けを施すことにより、イメージががらっとかわり、ポップで印象に残るマンションに!

東京都板橋区のY様所有の賃貸マンションの外壁塗装工事

最初に弊社にお声かけを頂いてからこまめに連絡を取り、お客様からの疑問や質問にその都度お応えしていきました。またアフターフォロー体制が整っている点を評価いただき、今回ご縁を頂きました。屋上防水の劣化の改善に加え、外壁の傷みを修繕し、新しい色にしたいとのご要望を受け、弊社のベテランスタッフが現地調査に伺いました。

施工前の様子

屋上は紫外線や風雨の影響を受けやすく、劣化がしやすいため定期的なメンテナンスが必要となります。屋上床部分の劣化が見受けられます。建物の一番の大敵は水です。防水が劣化すると水が内部に入り、構造部に悪影響を及ぼす恐れがあります。
ベランダ床部分の劣化が見受けられます。防水は建物を守る上で一番気をつけなくてはいけない部分ですので、定期的なメンテナンスをお勧めいたします。
外壁は風雨や紫外線、気温の変化などにもさらされ、汚れや劣化が進みやすい環境にあります。
紫外線・熱などで塗膜の樹脂が分解されて劣化し、長年の雨風により、浸水と乾燥を繰返し、塗膜の剥がれが始まります。
外壁にチョーキング(白化)現象が発生しているのが見受けられます。これは塗膜が劣化し粉状になっている状態を表しております。塗膜は外壁の防護層の役割を果たしているので、それが十分に機能していないと、風雨や紫外線の影響により、クラック(ひび割れ)を引き起こしやすくなります。
目地を埋めているシーリング(コーキング)が硬化し、キレが生じているのが見受けられます。キレが発生した箇所から、雨水が躯体内部に侵入する恐れがありますので、シーリングの打ち替えをお勧め致します。
私どもの施工方法は、既存のシールをしっかり切り取って、新しいシールを打ち込みます。増打ちでは、傷んでいる古いコーキングの上から打つため、厚みが薄く、劣化がしやすいため、弊社ではお勧めいたしておりません。
屋上に溜まった雨水を集水し樋へと流す重要な役割のある「ドレン」のところに、土や枯葉が詰まった状態です。このままにしておきますと、本来樋へ流す雨水が溜まってしまい、クラックなどの部分から防水層の内部へ水が侵入してしまいます。
そうなると防水の表面に水膨れが発生したり、最悪な場合は建物内部まで侵入して、建物そのものを痛めしてしまう危険性があります。

賃貸マンションや事務所店舗は、建物の見た目からのイメージが重要になります。外観を美しく、できるだけ長く保つために、外壁塗料には日本ペイント製の塗料を使用しました。優れた防藻、防カビ効果に加え、結露から建物を守る高い透湿性を備えています。また特殊ポリマーの働きで美しい艶を出すことが可能です。特に外壁クラック(ひび割れ)がずっと気になられていたとのこと、コーキングなどでしっかり補修し、特殊なプライマーを入れて念入りに塗装を施しました。屋上やベランダにも防水施工を施し、オーナー様、入居者の方にも安心していただけるよう、施工には細心の注意を払いました。また新しい塗装デザインは、事前にパース(イメージ図)を作成し、施主様のイメージに沿うものを確認の上決定しました。これからも建物をより安心して長くお使いいただくために、それぞれの状況に最適な工法をご提案いたします。

物件データ

施工内容外壁塗装、屋上・バルコニー防水工事
所在地東京都板橋区
築年数35年
建物の種別ALC
工期25日間
費用 約680万円

この記事を書いた人