2018年11月懇親会

全体朝礼が行われた勤労福祉会館より徒歩5分の場所、綾瀬の江戸一万来館にて、恒例の懇親会が行われました。
11月は野邉さんの乾杯の音頭でスタートです。

この懇親会は月に一度しか全社員が揃うことができないので、仕事の近況報告や相談事などなど自由に親睦を深め合う会なのです。日頃現場で頑張ってくれている職人さん達ともフランクに話せます。

全体朝礼に続き、新入社員の皆さんに自己紹介をしてもらいます。いい感じで緊張も解けたところで、趣味の話なども交えて、一人一人より深く人柄を知ることができました。この調子で仕事でも早く良い連携を築いていきたいです。

さらに今回はこの11月から力を貸してくれるアルバイトの皆さんも参加していただき、更に来年入社予定の方も駆けつけてくれました。少しでも早く会社に慣れていただき、ベストパフォーマンスを発揮していただこうという考えです。

後半のイベントは今回は「他己紹介」をおこないました。「他己」?? って何? と思われる方も多いと思います。自己紹介ってありますよね。自分のことを他の人に知ってもらうために説明することです。この他己紹介は、自分以外の人のことを他の人に知ってもらうために紹介するんです。 

今回は、それぞれ自分の部下を全社員に紹介することになりました。どんなことを言われるのか、言われるほうはドキドキですよね・・・。 

トップバッターは本社の西村班長。部下の佐藤幸絵さんを他己紹介しました。「最近すっかり業務に幅が出てきて頼もしい限りです。この調子で我がチームをどんどん引っ張っていってほしいですね」

これを聞いて幸ちゃん、ちょっとウルッときたみたいです。

続いては、大田支店の釜田班長です。部下の松永さんをご指名。松永さんといえば、前回の懇親会で「ひょっこりはん」を熱演した彼です。「いやー、僕は松永が後輩としてかわいくてかわいくて。本当に班のために身を粉にして頑張ってくれています。彼のためにも絶対、全社で一番の成績をあげてみせます」と熱弁です。

最後は、杉並の新班長 若田さんです。同じく部下の城間さんを他己紹介しました。「とてもモチベーションの高い人です。アシスタント業務と担当業務の二刀流ですが、私は会社で一番の担当者として育っていただきたいと思っています」とこれまたべた褒め。 

ここで10月の成績MVPの発表ですが、何かの手違いがあったようで、ここで協議が始ってしまいます。

そして最後の一本締めは協議の末にMVPを獲得した大久保さんが取り仕切りました。
ひさびさの受賞とあって、やや緊張の面持ちでしたが、さすが年の功、しっかり大役をこなしてくれました。 

手前味噌な話かもしれませんが、こうしてファミリーグループは一致団結しております。この調子で11月も全開でがんばっていきますよー! みんなーっ! たのみますよーっ!


株式会社ファミリー工房は東京23区を中心に新築注文住宅・リフォーム・リノベーションの設計・施工を行っております。 ファミリーグループとして、不動産・介護もカバーしお客様にワンストップで家づくりをお手伝いします。