外壁・劣化の兆候〈タイル・ALC・鉄部・木部編〉

外装に用いられるタイルは主に陶磁器質が多く、タイルそのものは耐水性に優れています。
ダメージの多くは目地からの雨水浸入によるものです。
ALC(軽量気泡コンクリート)は、軽量でありながら高い断熱性と耐震性を併せ持つ材料として外壁に使われます。
表面に塗装を施すことで耐水性を持たせており、塗膜の劣化による不具合が懸念されます。

タイルのひび割れ

地震など大きな振動により発生。雨水の浸入が懸念されます。

タイルの浮き

振動や下地材と接着面の間に雨水が入り込むことで発生。落下の恐れがあります。

タイルの白華現象

モルタルの中の水溶性カルシウムが雨水に溶け表面に白く浮き出る現象です。

タイルの剥離・落下

タイルの浮きや目地の劣化が進行すると剥離・落下の恐れがあります。

ALC内部の鉄錆による膨れ

塗膜内に雨水が侵入し、内部の鉄筋がサビて、爆裂現象を起こしています。

鉄部・木部の劣化

塗膜の撥水性能が落ちると、強度に影響が出てきます。

このような兆候が見られましたら、一度ファミリー工房の屋根・外壁の無料診断をお受けください。
屋根・外壁の専門知識を持ったスタッフが建物のすみずみをチェックし、調査結果を診断写真(傷み箇所を撮影)・診断図面(建物および修繕箇所の計測)・診断見積書(施工方法と費用を具体的かつ詳細に見積)としてご提供いたします。

この記事を書いた人