マンション派?戸建て派?

家を買う!となったとき、多くの方が悩まれることがこれです。
自分たちにはマンションと戸建てどっちが合っているんだろう?
一世一代の大きなお買い物だから悩みますよね。
やはり夢のマイホーム!庭付きの戸建てがいいなと思ったら、周りはマンション派が多かったり。
資産性重視!と思いマンションにしようとしたら、親御さんからは戸建てをススメられたり。
周りの人はどうやって決めてるの?!と思われる方も多いと思います。
マンションと戸建てにはそれぞれにメリットとデメリットがあります。

マンションのメリット・デメリット

▼メリット
・防犯面で優れていることが多い。
・プロの管理会社がついてるので、建物の管理や修繕を気にする必要が無い。
・宅配ボックスやゲストルーム、集会場など、戸建てには無い共有設備がある。
・戸建てに比べ、好立地にある場合が多い。
・同じ立地にある一戸建てに比べ、物件価格が安い傾向にある。
・周辺の人と協力して住みやすい環境ができる。
・購入時諸費用や固定資産税などが戸建てと比較して安い。

▼デメリット
・管理費用、修繕費用、駐車場代が月々かかる。
・各住戸が隣接しているので、戸建てに比べて騒音等が気になる。
・ペット飼育や増改築など、マンション規約に従う必要がある。
・管理組合に参加義務があり、理事長などの役割がある。

戸建てのメリット・デメリット

▼メリット
・隣接住戸が無いので、音などをさほど気にせず生活できる。
・管理費・修繕費・駐車場代がかからない。
・決まりごとが無いので、ペット飼っても、増築・改築・外観など、自由度が高い。
・プライバシー性が高い。
・管理組合への参加義務がなく、理事長という役回りになったりする必要がない。
▼デメリット
・管理費用、修繕費用を自分で貯蓄する必要がある。
・同じ立地条件だと、マンションに比べて物件価格が高くなる傾向にある。
・購入時の諸費用、固定資産税などがマンションに比べて高い。
・セキュリティー、防犯面を自分で管理しなければならない。
・日照性、害虫、室内温度、湿度など、マンションより劣ることが多い。

まとめ

マンションの大きなメリットの1つとしては「立地」があります。
これから人生100年時代と言われいる中、駅から近いというのはそれだけでいいですよね。
資産性の中でも「立地」はかなり重要な要素ですので、万一、売却するなんて時も駅近のマンションなら売りやすい傾向があります。

その反面、マンションは集合住宅になりますので、管理組合や住民のコミュニティー、隣接住戸とのお付き合いがあります。
壁を1枚隔てたら隣は別のご家庭なので、戸建てに比べてプライバシー性が低くなります。
マンションの規模も20世帯から50世帯、100世帯以上と様々ですが、お付き合いが苦手じゃない方なら、逆に住みやすい環境とも言えます。
100世帯を超える大規模マンションだと、同じマンション内で、同世代のお子様がいる可能性が高く、同じ学校に通っていて仲良くなりやすかったり、ご近所様にお子様のお迎えを頼めたり、お休みの日はホームパーティしたり、なんてお話もよく聞きます。

戸建ての大きなメリットとして「管理費・修繕費用がかからない」というのがあります。
月々のランニングコストがマンションに比べて安くなりますので、ここは大きなメリットになりますよね。
しかし、ここに甘えて建物を放置しているともちろん経年劣化を起こします。
マンションの場合は毎月「管理費・修繕積立金」を払いますので、プロの管理会社さんよる修繕計画に基づいて建物を修繕してくれますが、戸建ての場合は自分で管理と修繕をする必要があるんですね。
また、木造の戸建ての場合、5年に1度は定期検査とシロアリなどの害虫防止策をする必要があります。
ですが、ほとんどの方は、何か不具合が出てから修繕を行います。
不具合は何か起こってからじゃないと気づきようがないので、当然と言えば当然なのですが、気づいたときには修繕費用が数百万なんてことにもなりかねません。
月々のランニングコストを抑えられるのは、メリットである分、実は不動産としての資産を保つためにもマイホームを守る意味でも注意が必要です。

戸建てのデメリットの中では、やはり購入時に費用が高めになることがあげられます。
物件価格、購入時諸費用、固定資産税、都市計画税、不動産取得税…どれを取っても同じ立地条件のマンションに比べて高くなる傾向です。
その反面、月々の管理費、修繕積立金、駐車場代が必要ないので、30年、40年という長い年月を考えると、その差額は相殺されていくのですが、上でもお伝えしたように修繕費はかからないようでかかるというのが実情です。
ですので、最初にかかるお金は高いけど、月々の負担は少ないというようなイメージですね。

さいごに

以上、マンションと戸建てのメリット・デメリットをお伝えしました。
どちらが絶対にいい!という訳ではなく、希望のエリア相場や立地、物件規模、周辺環境など様々な条件で感じ方も変わるでしょう。
実際に物件を見ていくと、今まで気付かなかった魅力や、今まで気付かなかったNGポイントを発見できたりします。
そしてそのポイントも人によってそれぞれです。
中古物件は新築でない分、見るべきポイント、注意すべきポイントがたくさんあります。まずはお気軽に相談してみてください。

この記事を書いた人