ウレタン防水の特徴について

ファミリー工房 杉並支店 工務部の長嶺です。
本日は、屋根外壁塗装をされる際に合わせてご提案させて頂いている、バルコニー防水について発信させて頂きます。
写真の工程は、

【高圧洗浄】→【下地処理】→【プライマー(下塗り)】→【中塗り】→【トップコート(上塗り)】です。

ウレタン防水とは、マンションや陸屋根などの平らな屋上に行なう防水工事のひとつです。

液体状のウレタン樹脂を複数回塗ることでつなぎ目のない防水層を形成し、雨水の浸入を防ぎます。施工も簡単で、防水工事の中では安価な上に、別の素材の防水材があってもそのまま上から重ね塗りもできるなどメリットが多く、最も主流の改修用防水工事です。5、6年ごとにトップコートを再塗装することで、15年程度、防水効果を保持できます。

液体状のため、屋上、ベランダ、バルコニー等どんな形状の場所にも採用できます。

短所としては、

・人の手で塗るため、完全に均一な膜厚にはならない(専用の機器を用いれば最小限に抑えることが可能です)

・乾燥に時間がかかる(その間歩けないため、マンションの廊下などには不向き)

・デザイン性がない

ということが挙げられますが、性能的に目立った短所はありません。

迷ったらウレタン防水と言っても過言ではないでしょう。

防水工事を行なってから10年以上経過している場合は防水工事を、5年ほどの場合は、防水層を覆っているトップコートの塗り替えをお勧めいたします。
メンテナンスは早めの方が費用も安くなります。

雨漏りしていなくても、ベランダやバルコニーなど目視可能な箇所は定期的に下記のような劣化症状がないかチェックしましょう。

【チェックポイント】
《緊急性はないけれど要注意》
・表面が色あせている
・ひび割れが発生している
・ルーフドレン(水を外部に流すための排水溝)の周りにゴミがたまっている
・雨上がりなど、一部分に水がたまっている
・コケや藻、雑草が生えている
※防水層まで根が生えているかもしれません。むやみに抜くのはやめましょう。
《早急に業者に依頼しましょう》
・室内に雨漏りが発生している
・防水層が膨れている
・ルーフドレン(水を外部に流すための排水溝)が詰まっている

是非、ご参考ください。

ご相談も承っております。お気軽にお問合せください。
防水工事のお問合せ ファミリー工房 杉並支店 0120-64-3230

この記事を書いた人