東京都新宿区 H様邸 戸建住宅の外装および基礎補強

Before After

Before
ところどころ大きなひび割れや汚れが目立ち、退色が進んでいた建物は…
After
建物の外壁と外のブロック塀も合わせて塗装を新し、ピカピカになりました!
after_R2

東京都新宿区のH様邸にて、外壁屋根塗装、および基礎補強工事を行いました。
インターネットのポータルサイトからお問い合わせを頂きました。
地元工務店や近隣の工事中の業者様との相見積もりとなりましたが、施主様のご要望にきめ細かくお応えできること、他社にはない気づきや提案があったことを評価いただきました。
築60年の木造住宅で、壁などの目に見える部分の経年劣化が気になっていたとの事ですが、弊社スタッフが現地調査したところ床下や基礎部分にも大きな劣化箇所があったことから、これを機会に合わせて補修工事を実施することになりました。

現地調査時の状況

壁材そのものの劣化が進み、クラック(ひび割れ)、モルタルの剥離だけでなく大きな穴が開いてしまっています。

このような大きなクラックが複数発生していました。

スレートの屋根材も表面の塗膜が落ちている状態です。

拡大すると表面だけでなくスレート材そのものの劣化の状態が良く分かります。

築年数が経過していましたので、床下も調査すると、基礎のコンクリート部分に、ジャンカと呼ばれる箇所が見つかりました。

当初の施工時に、セメントと砂利が均一に混ざっていなかったり、気泡などが入っていた場合、コンクリートが脆くなり、雨水などの影響を受けて、本来強アルカリ性の性質を持つコンクリートの中性化が進み、鉄筋の腐食や錆といった問題に発展するリスクがあります。

外壁塗装施工

まず高圧洗浄でカビやコケなどの汚れを丁寧に落とした後…
クラック(ひび割れ)箇所を補修した後、下塗りを行います。
ローラーで塗装を繰り返し…
仕上げ塗装を経て完成です!

屋根塗装施工

まず高圧洗浄を行ない、藻やカビなどの汚れを取り除きます。金属部分は丁寧にやすり掛けし、表面の古い塗料やさびを落とします。
屋根材の下地処理を施した後、下塗りを行います。
タスペーサーと呼ばれる器具を挿入し、縁切りを行うことで屋根材の間に必要な隙間を確保します。
金属部分も含め、重ね塗りを行います。

2SHOT_R1
完工後に施主様と2ショットスマイル!


今回は外壁屋根塗装に加え、基礎補強および玄関扉交換を行いました。
特に普段目にする機会のない床下は、今回のケースのように基礎部分の劣化が気づかないうちに進んでいる場合がありますので、外壁など目に見える部分のメンテナンスと同時に調査されることをお勧めします。

それにより当初の予算を大きくオーバーしたとのことですが、区の補助金の申請を提案させて頂き、ご契約に至りました。
施工期間中も、毎日細かく連絡をしていただいて、職人さんもすごく親切丁寧に仕事をしてくれてるとお言葉を頂きました。

ファミリーグループでは、建物の維持にかけるコストや期間を考慮し、より最適な施工方法の選定など、お客様にご納得いただけるまでより分かりやすいプランをオーダーメイド致します。

物件データ

施工内容 外壁・屋根塗装、基礎補修工事
所在地 東京都新宿区
築年数 60年
建物の種別 木造2階建
工期 約40日間
費用 225万円

この記事を書いた人

ishidajyun