アパートの塗装工事でクレームを出さないためのポイントとは

実はクレームが発生しやすいアパートの塗装工事。大切な資産である物件を悪徳業者から守るために、知っておいていただきたい注意点をご紹介いたします。

アパートの外壁・屋根の塗装やその他の修繕工事は建物の維持のために必要ですが、こうした工事は入居者からのクレームが入ることが少なくありません。せっかくの工事でも、クレームが生じると対応に時間がかかりますし、最悪の場合は入居者が引っ越してしまうこともあります。入居者もアパートの経営をされる方も困らない工事をするためには、どうしたら良いのでしょうか。

目次
  • アパートの塗装工事でクレームが生じやすい「足場組み立て」と「高圧洗浄」
  • アパートの塗装工事のクレームにはこんなものも
  • クレームが発生しにくい工事にするには
  • 優良業者を選ぶには
  • 不動産屋さんからの紹介は相場よりも高いって本当?

アパートの塗装工事でクレームが生じやすい「足場組み立て」と「高圧洗浄」

アパートの修繕や塗装は、アパートを経営している方にとってはとても大切なもの。ですが、建物のメンテナンスは建ててから10〜20年の間に行うため、あまり馴染みのない工事です。住む人にとって建物のお手入れは嬉しい反面、実は入居者や近隣の方からのクレームが生じやすくもあります。

中でも、「足場の組み立て」と「高圧洗浄」は、特にクレームの原因となりやすい工程です。塗料の飛び散りにもクレームがあるのですが、あえてこの2つを挙げるのには理由があります。

足場の組み立てはなんとなく騒音がするイメージをお持ちいただけると思います。一方、高圧洗浄も同様に入居者や近隣の住民からもクレームが生じやすい工事です。修繕や塗装は必要な工事なので、事前にどの作業でどんなクレームがあるのかを知っておくことで、未然に防ぐことができます。特に大切な入居者へのフォローは、クレームにつながる原因をしっかり把握して対処できると安心ですね。

騒音がクレームにつながる「足場組み立て」

工事を始めるには、職人さんが使う「足場」が必要不可欠。しかし、鉄パイプで仮設の足場を組み立てるため、大きな金属音が生じます。

一戸建てと比較してアパートは大きな建物になる分、足場の多さも比例して多くなり、足場の組み立てにかかる半日~1日ほどは騒音が続きます。

入居者の方にとってストレスもありますが、ご近所にもこの音は広がってしまうため、その両方に配慮した足場の設置が欠かせません。たとえご近所さんが離れた場所であっても、1番近くで金属音を聞いているのは入居者の方々です。

金属音は思った以上に響く音ですし、それが大きな建物ともなると金属音が響く時間は長くなります。足場設置は全くの無音ではできないため、音への配慮ができる業者を選ばなければなりません。

思っている以上に多い「高圧洗浄」のクレーム

高圧洗浄によるクレームで多いのは、水しぶきと思われるでしょう。しかし、高圧洗浄機は音が大きいこともあり、意外にも多くのクレームが発生する工程です。

というのも、塗装工事用の高圧洗浄機は使い方を誤れば人に怪我を負わせてしまうほどの威力があって、その重さはなんと50kg以上。家庭用の高圧洗浄機と異なり、強力な水圧を作り出すことで音も相当大きなものとなります。

水圧が強いため、高圧洗浄機の汚水が飛び散り、洗濯物を汚してしまったり大事な車を汚してしまったりする前にカバーをかけておく必要があります。こうした細心の注意を払ってくれる優良な業者に依頼すれば、高圧洗浄でのクレームも少なく済むはずです。

アパートの塗装工事のクレームにはこんなものも

先に挙げた足場の組み立てや高圧洗浄はまだ、補修工事や塗装工事の前段階。確かに多くのクレームは先程の2つが多いのですが、次のようなクレームも工事期間を通して多く寄せられます。

  • タバコの吸い殻やゴミを放置する職人がいる
  • 職人の笑い声や話し声が大きく気になる
  • 無断でベランダへ立ち入られる
  • ベランダを汚された
  • ベランダのものを動かした後、元に戻さない
  • 「朝早くから」や「夜遅くまで」作業音がしている

塗装業者は、自己資金が少なくても開業できるうえ資格がいらないため、きちんと選ばないと質の悪い業者や、お客様を騙すような悪徳業者に当たってしまうかもしれません。

アパートの塗装工事をスムーズに行うためにも、全工程をクレームなく進められる優良な業者を選びたいものです。

優良業者の多くは、地域に密着した業者です。大手メーカーや不動産屋さんからの紹介でそのまま決めたり、値段だけを見て決めたりせずに、優良業者を見分けましょう。

クレームが発生しやすいのはなぜ?

入居者の方は生活も異なれば、価値観も人それぞれ。こうした価値観や生活スタイルの違いから、アパートの塗装工事でクレームが発生します。

入居者の方によって昼にお仕事で出かける人もいれば、夜に勤めて朝に帰宅される方もいます。また、Aさんは職人の話し声が別段気にならなくても、別の入居者Bさんは気になってしまうということもあるでしょう。

一戸建てであればご家族で住んでいるため、一定の生活リズムに合わせれば良いのですが、アパートではこのように生活スタイルや価値観がバラバラの方が住んでいます。

最初からそれぞれの要望を把握してきめ細やかに対応してくれる業者を選ぶことが大切です。後々のアパート経営を円滑に行うたきめも、塗装工事が終わった後も入居者の方々に不満が残らないようにしたいですね。

クレームが発生しにくい工事にするには

全ての入居者やご近所の方に対応しながら塗装工事をするのはとても難しく、たとえ優良業者でも塗装工事のクレームを完全に0とできるのは至難の業。

普段はおとなしいと思っていた方が、精神的なストレスを受けたことで突然態度が変わって、怒鳴り込んで来られるということもあります。

もちろん、質が悪い工事をしたり、ましてや悪徳業者に頼んだりしてしまえば、クレームは増える一方です。どんなクレームでも、事前の対応を少し行えば防げるケースも多いので、塗装工事で注意が必要なポイントをご紹介します。

「クレームがない」アパートの塗装工事のためにすること

チェック項目 詳細
事前に挨拶回りがある 依頼しようとお考えの業者は挨拶回りをしてくれそうですか? 細かいことのように思われがちですが、入居者の方々への挨拶回りは非常に重要。優良業者は必ずと言って良いほど行っています。 挨拶回りでは塗装工事があることを口頭で伝えたり、不在でもチラシによる通知を行ってくれたり、エントランスに予告を掲示していれば事前に工事があることを伝えられます。 こうした対応をすることで工事の際のクレームの発生率を下げることができます。
近隣への挨拶回りがある 入居者の方同様、ご近所への挨拶回りも重要です。 足場の組み立てや高圧洗浄による音が鳴ることや、工事の期間、どこで誰が何をするのかなどをあらかじめ伝えておくことでご近所の方にも安心してもらえますね。 また、細心の注意を払っても風で塗料や汚水が飛んで行ってしまうこともあります。徹底的に予防措置をとってくれる業者を選ぶとともに、アパートと隣接するお宅の方々には、汚れないための養生をさせてもらえるようにお願いしましょう。
工事の具体的な情報を伝える 工事についての詳しい情報を事前に伝えてあるのとないのとでは、大きな差が生じます。 知らない人たちが工事をすることになる入居者の方には、業者の会社名やスタッフの名前を伝えておくと安心してもらえるでしょう。 ご近所の方にも、どのアパートで何の工事をどの期間するのか伝えておけば、見知らぬ職人風の人がいても大きな不安にはならないはずです。 いつ:日にちだけでなく、工事の時間も明確にしましょう 誰が:業者の会社名 どこで: アパート名、住所 何を:具体的な工程(足場を組み立て、塗装工事をするなど) このように、説明を受ける方の立場で知りたい情報がきちんと盛り込んであると良いですね。
マナーや良識のある業者かどうか どの業者でも大きくは変わらないと思っていると、マナーや礼儀が教育されていない業者がトラブルの元となってしまうこともあります。 塗装業者は資格がなくても開業でき、下請けを呼べば比較的簡単に職人さんを集めることができます。 塗装業者の質は玉石混交ですから、クレームが生じない塗装工事をするためにもコツをおさえて優良業者をお選びくださいね。

クレームを起こさないためには、説明と誠意ある対応が不可欠です。

ご自身が入居者の方やご近所へ工事の説明に赴くことも良いのですが、優良な業者であればきちんと挨拶回りと説明を行ってくれます。

一見するとただの挨拶でも、事前に工事の内容を伝えておくことでクレームの発生率はぐんと下がります。全ての方に納得いただくことは難しくても、入居者やご近所の方々の不安を払拭しておくことがクレームなく工事を進めるコツです。

細かな配慮ができる業者ならトラブルも起きにくいので、安心して工事を頼むことができますね。

優良業者を選ぶには

アパートの塗装工事は金額が小さいものではありません。だからこそ、金額だけを見ていると質の悪い業者を見抜けず、結果として損をしてしまうことがあります。

塗装業者は、悪質な業者による手抜きや不正から身を守るためにもしっかり見分けて選びましょう。クレームが起きにくい業者を選ぶには、次のようなポイントがあります。

クレームを発生させない業者を選ぶには

選び方 詳細
価格の安さだけで業者を決めない 優良な業者は適正な価格で見積もりを出してくれるため、大きな値引きをする余裕はありません。逆に言えば、10万単位の値引きを簡単にしてくる業者は、余分に金額を上乗せした見積もりを出しているということになります。たとえ安くなっても、値引き後が適正な価格になるだけなので、このような見積もりの出し方をする業者には注意が必要です。 工事の金額が適正かを判別するためにも、1社だけではなく2〜3社から見積もりをとり、比較するようにしましょう。
見積書の項目が「一式」などになっていないか 塗装工事は3回の塗装が基本。ですから、見積書も当然3つの工程に分かれて出されるのが一般的です。 ところが、「一式」など内容がまとめられて出してくる業者がいます。こうした見積もりを出してくる業者は危険です。 工事の説明にもなる見積書が大雑把な業者は、工事だけでなく入居者や近隣の方へのフォローなども大雑把になりがちです。 大切な建物を守るためにも、見積書に詳しく書いてくれる業者を選ぶことで、クレームを防ぐことにもつながります。
アパートの塗装工事をしたことがある業者か 塗装自体は一戸建てでもアパートでも変わりませんが、入居者やご近所の方への配慮ができるかどうかはまた別の話。 アパートの塗装工事をしたことがある業者であれば、「どこへ挨拶をするべきか」、「何をしたら入居者に嫌がられるか」などの知識を持っています。 このポイントをおさえられなければ、大きなクレームが起きてしまうこともあるので、業者を選ぶときには必ずアパートの塗装工事の経験があるかも判断の材料にしましょう。
現地調査にどれくらい時間をかけているか 現地調査とは、建物を見て修理が必要な箇所を確認する作業のことで、見積書の根拠ともなる大切なものです。 図面だけを見せて金額を提示したり、短時間(15分〜30分)で確認が終わったりする業者は注意が必要です。 図面だけでは、実際の状況を正確に把握することはできず、当然見積もりも正確に出すことができません。 アパートの外装全てを見て回るには30分では足りず、見積もり後に追加の工事が発生することもあります。優良業者では現地調査に1〜2時間くらいかけます。その中で悪いところなどを徹底的に確認して金額を出してくれるので、正確な見積もりになります。 金額という、お客様にとっても大切な部分を細かく対応してくれる業者であれば、工事の際にも入居者やご近所の方にも柔軟な対応をしてくれるはずです。

不動産屋さんからの紹介は相場よりも高いって本当?

不動産屋さんからの紹介で注意が必要なことは、2つ。塗装工事のプロではないため、塗装工事についての知識がなかったり、限られた塗装業者しか知らなかったりということもあります。

また、不動産屋さんからの紹介ということは、不動産屋さん経由で中間マージンも発生します。

塗装工事を考えたときに、まずは不動産屋さんに相談すると思いますが、ご自身でしっかりと業者を確認したうえで信頼できる塗装業者を選んでくださいね。

大切なアパートの経営に関わる塗装や修繕工事は、気をつけるべきポイントを見ていけば優良業者に依頼することができます。ぜひご参考いただき、安心できる工事を行ってくださいね。